CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
建築士試験

 

今期は建築士試験のための学校の講師をやらせてもらってます。

自分も受験した時は数年がかりでしたし、難易度もある試験なのでだいぶと苦労しました。

生徒さん見てると大変さはよくわかりますので、自分が身をもって感じたコツ見たいなものが伝えられたらと思います。

 

今回は一級建築士の試験について少しお話ししたいと思います。

 

一級建築士試験は一次の筆記試験と二次の製図試験の二段階の試験です。

いま僕が講師やっているのは二次試験のほうです。

7月にあった一次試験をクリアできた方が10月に行われる試験に向けて製図を学んでいます。
 

一次は法規や構造、設備など建築にまつわる幅広い知識を問われる、マルかバツかがハッキリわかる試験です。

しかし二次は試験内容自体もちょっと特殊です。

 

まず7月にお題が発表されます。

ことしは「健康づくりのためのスポーツ施設」で温水プールがあるということまでは発表されてます。

今の時期はみなさんそれに即した課題をこなして、製図スピードを上げて課題への理解を深めていってます。

 

試験が始まると必要な室や規模、敷地や設備などの条件が書かれた問題用紙が配られます。

その内容に適合した建物を考え、計画して図面として書き上げていきます。

 

なので試験時間は6時間30分のぶっ通しです。途中軽食なんかはその場でつまむことはできます。

 

試験には図面を書くための道具として平行定規が持ち込み可です。

平行定規を用いて(中には用いずにフリーハンドで書き切っちゃう強者もいますが)与えられた問題文に適合した、過不足ない計画をプランし作図します。

 

受験生の多くは普段の仕事では手書きで図面を書いていません。

きょうび実務で手書き図面はあまりお見受けできません。

なので図面を手で書くのは学生のときぶりだったりほとんど経験がない人が多いです。

 

実務と試験自体が乖離があるという話はありますが個人的にはベストではないにしてもこれでいいとも思います。

建築士の業務自体がとても幅広く人それぞれです。

設計だとしても意匠や構造、設備でも違いますし扱う建物規模や用途でも大きく幅があります。

建物の保全や都市計画など大きな視野のもの、また建築基準法の番人としての業務もあります。

 

そのなかでこの試験は他者の要望を読み取り、それを自分の中で考えて、図面や文章で伝える力が問われます。

それはどのような業務でも必要となっていく素養だとおもいます。

 

足の裏の米粒(取れないと気になるけど取っても食えない)と揶揄される一級建築士ですが取ったらとったでちょっと胸張って仕事できる、、、かもです。

 

 

 

 

 

 

| - | 12:01 | comments(0) | - |
看板DIY

【ドンツキハウスの今】♯3 看板DIY(ドンツキ DIY)

※2016年12月に竣工した、事務所兼自宅の「ドンツキハウス」の現在の様子をお伝えします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

看板については何度か出さないのかと言われ、ちょっと気にはなっていたのですがほったらかしでした。

何と言ってもウチの前、初めからウチに用事がある人と猟友会の方と、たまに迷い込む人としか通らないので目に止まらないと思い作成に至りませんでした。

 

しかし隣の空き家の関係で少し人の通りがありそうなのでちょっと奮起し看板作りに挑戦しました。

 

 

パソコンでデザインしたものを、家にあった杉板に貼り付けます。

 

 

一文字づつ切り抜いていきます。試されるカッタースキル。

一文字目が1番の難所でした。

ちょっとラジオDJの軽妙トークに手元がぶれる事何度も。

(FM802のヒロトさん、面白いですよね)

 

 

上からスプレーを振り乾燥待って紙を剥がします。

あまりたくさん振りすぎると吸収して線が滲みます。ホドホドに。

最後に保護用にクリアラッカーを吹きかけます。

 

 

板の木目や節、色の濃淡と相まってなんだかいい感じに出来上がりました。

看板目印にぜひお越しください!

 

 

JUGEMテーマ:住宅

 

| ドンツキハウスの今 | 12:54 | comments(0) | - |
隣敷地の草刈り如何?!

ドンツキハウスの隣には4,000m2を超える広い空き地があります。

近くの方がおっしゃるには元々は大きな木が茂る場所だったそうですが、10年以上前に老人福祉施設で開発許可が下され着工までしたけれども近隣の反対もあり計画が止まった場所だそうです。

 

今は年に1回程度除草作業が行われています。

 

除草ビフォアです

 

そしてアフター。というか途中ですか。

 

しかし今年は何か調子が違います。

 

ショベルカー登場。

 

まぁ大きめの木も生えてたので根っこ掘るのに入れてたのかなぁと思ってましたが

掘って土入れて埋めてます!

 

このあたりで業者さんが説明に来て、ちょっと敷地中央のくぼみを埋めるだけですと言ってこられました。

 

しかしそもそも神戸市の市街化地域では敷地面積が500m2以上の工事は開発許可の申請が不可欠です。

 

規模の大きな工事は周辺環境に与える影響が大きいので街としての視点での審査が必要です。

それを担うのが開発許可申請です。

昔の高齢者施設では許可をとっていますが、今回の新しい計画では許可をとっていない様子です。

開発許可は、その場所の使う用途とセットなので、前の開発許可があるから工事をしていいというモノではありません。

 

許可のない工事は安全性の担保がありません。

新たに入れる土の締め固めがなかったり、隣の境界の擁壁付近の土を不用意な掘削は大雨のときなどの災害につながりかねません。

 

ですので神戸市に相談しました。

神戸市の対応中も工事はすすんでおりさらに多くの土が入れられ、掘られ、埋められしておりましたが昨日一件落着しました。

 

1.境界上の擁壁付近で掘削した土はもとの状態に速やかに戻す。

2.今回荒らされた土が災害を起こしかねない状況なので神戸市として防災処置の計画を作るので事業者がその通り施工する。

(3を完了するには時間がかかるのでそれまでの対処処置)

3.ちゃんと事業者として開発の許可を受けその通り施工しなおす。

 

なんとも明瞭な対応です。さすがは斜面の市街地を多く抱える宅地造成のパイオニア神戸市です。

 

今回の件も対応できたから良かったですが下手したら業者のやり逃げも考えられるケースだったと思います。

自治会とも一緒に動きましたが、専門知識がどうしても必要になってきます。

こう言ったところにも建築士の必要性があるようにおもいます。

 

余談ですが神戸の人は事あるごとに、これだから大阪の業者は。と言いがちでした。

どこかある県民意識をチリチリと感じたのでした。

 

 

 

 

 

 

| ドンツキハウスの今 | 11:52 | comments(0) | - |
| 1/9PAGES | >>