CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ヨミモノログ vol3「日本辺境論」 | main | ドンツキDIY >>
【ボツストックス】♯2
【ボツストックス】#2

※ご縁なく建築に至らなかった、でも丹精込めた図面をアップします。

間取り図、立面図、模型写真、何を考えたのか等書いていきます。

収納は紫色、水回りを黄色で着色しております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の敷地は市街地です。北側と西側が道路に面している角地です。

土地形状は平行がないいびつな形で面積は31坪程。

北側は大きな幹線道路に面しており、交通量も多いです。

西側は車一台が通るほどの道路です。

他の2面も建物がせまっております。

 

真四角ではない土地を有効に使い、道路からは程よく距離をとって、周囲に対しては閉じながらも開放的なお家にするにはどうすればよいか、というところから考えがスタートしました。

 

延べ床で34坪ほどです。

 

 

配置図

 

大通り側には閉じて、西側は道路と平行に外壁を設けました。

室内と道路との間にアプローチを兼ねた外部空間(KOMICHI)を設けることで、道路とお家の間にワンクッションできます。

 

1階間取り

 

 

1階は寝室スペースです。

西側の壁を斜めにすることで土地をくまなく使っております。

 

2階間取り

 

 

 

2階に水回りとLDKをもってきております。

建物の中央道路側にバルコニーをもってくることでどの部屋も明るい印象になります。

また、道路との緩衝空間となるためプライベイト性も守られます。

少し細長いリビングスペースは、窓を開け放つことでバルコニーと一体になります。

キッチンはL字で奥に大きめのパントリーを設けております。

バルコニーとも面しているためゴミおきスペースも設けることができます。

 

2ndリビングは家事スペースや、家族の書斎スペースに向いていると思います。

 

家の中で役割がいくつか思い浮かぶ部屋、あまりきっちり用途が決まりきっていない部屋があることは大切だとおもいます。

生活スタイルや家族構成の変化などに対応でき、住みながら使い方を工夫できる場所になります。

ただ、だからといって何もない部屋を作ってしまうと何にも使えない無駄な場所になってしまいかねません。

使い方をイメージしながらも、あまり決めつけすぎないで考えることが大切です。

 

2階にLDKをもってくることにはいくつかメリットがあります。

2階の方が道路からの距離もでき開放的な空間ができます。

また構造としても1階の方が壁が多く必要なので、大きな空間が必要なLDKを2階に持ってくることは合理的です。

ただ生活の中心が地面から離れていってしまうのがデメリットかもしれません。

バリアフリーの観点から敬遠される方も多いように思えます。

 

今回のような市街地では2階リビングもひとつの手だとおもいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

間取りに関してご意見やご感想コメントください。

ご相談ありましたらメールでもうけたまわります。

sf-archi@m.zaq.jp

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:夢のマイホーム計画

| ボツストックス | 14:03 | comments(0) | - |
コメント
コメントする