CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ヨミモノログ vol5「数学する身体」 | main |
ヨミモノログ vol6「マチネの終わりに」

今回は平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」

 

 

簡単に書いちゃうとクラシックギターリストと記者の恋愛のお話なのですが、物語の中で何度か出てくる「未来は常に過去を変えている、過去はそれくらい繊細で感じやすいもの」が話を美しくしています。

2人の出会いの日だって、その置かれてる時々によって甘美なものから苦い思い出になったり意味合いが刻々変わります。

 

自分と自分自身との関わり、愛する人との関わりや仕事の人との関わり、国家や社会との関わりが刻々自分も他方も流動的であるため変化していく中で過去も姿を変えながら進んでいくお話はとても心地が良いです。

 

また舞台となる時間性がしっかりとあり、イラク戦争、リーマンショック、東日本の震災が登場人物のありようにつながっている描写には作者の使命感が感じられます。

 

11月には映画公開とのことなので旬な読書でした。

大人の恋愛では留まらない、奥行きと広がりのある本でした。

 

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

| 読書LOG | 12:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする