CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ドンツキDIY

【ドンツキハウスの今】♯2 リビングの木製窓(ドンツキ DIY)

※2016年12月に竣工した、事務所兼自宅の「ドンツキハウス」の現在の様子をお伝えします。

毎回場所を絞って経年変化の様子や、設計時に考えたことと実際の使い方との照らし合わせなどにフォーカスを当てていきます。

 

我が家のリビングに広がる木製窓。

コーナーまたがって広がりがあり、とても気に入ってるところです。

 

 

アルミサッシでは出せない空間だとおもいます。

しかし当然木製には木製のデメリットがあります。

 

 

この面だけ雨で外側が変色しだしてきてます。

どしゃ降りのときはすこし水が染み込んでるのがわかります。

 

他のバルコニーに面した部分は大丈夫です。

というのも他の面はしっかりと軒が出ているので雨からちゃんと守られています。

この面だけは軒がほとんど出ていないため、直接雨が当たるというよりガラス面に当たった雨がつたってきて濡れてしまってます。

設計段階から不安要素だなぁとは感じていたのですが。やはりあまりよくなかったようです。

 

軒の出がしっかりと深いことは日本の気候の中で大切で、外壁や窓を守ってるんだと再認識しました。

よくほとんど軒の出ていない住宅が最近増えていると思いますが、実は外壁材が汚れにくくなり、窓サッシが水に強くなった今の技術があるからできることなんですね。

逆に言うと古来どおりしっかり軒を深くとって外壁を守ってあげると、木製窓や白壁などの水や汚れにそこまで強くないモノも用いることができるとおもいます。

 

木製窓を使うときはしっかりと軒を出すだとかの対策をきっちり取らないといけないです。

 

この家は僕自身が設計者としての実験や体験ができる。というのが大きな目標の一つだったので、とても実りある点ではあります。

とは言えこのままじゃ具合が悪い、もうすぐ梅雨になって雨が多くなるとますます木の劣化が進んでしまいます。

 

そこでDIYすることにしました。

元が木で、分かりやすい仕組み(というか自分で図面引いている)なので、後から手を加えることも容易です。

 

 

 

ホームセンターで買ってきたのはアルミの不等辺アングルとアルミのフラットバー、それと一番強そうな両面テープです。

これを使ってどうしたのか、はまた次回に書きます。

 

 

| - | 20:45 | comments(0) | - |
【ボツストックス】♯2
【ボツストックス】#2

※ご縁なく建築に至らなかった、でも丹精込めた図面をアップします。

間取り図、立面図、模型写真、何を考えたのか等書いていきます。

収納は紫色、水回りを黄色で着色しております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の敷地は市街地です。北側と西側が道路に面している角地です。

土地形状は平行がないいびつな形で面積は31坪程。

北側は大きな幹線道路に面しており、交通量も多いです。

西側は車一台が通るほどの道路です。

他の2面も建物がせまっております。

 

真四角ではない土地を有効に使い、道路からは程よく距離をとって、周囲に対しては閉じながらも開放的なお家にするにはどうすればよいか、というところから考えがスタートしました。

 

延べ床で34坪ほどです。

 

 

配置図

 

大通り側には閉じて、西側は道路と平行に外壁を設けました。

室内と道路との間にアプローチを兼ねた外部空間(KOMICHI)を設けることで、道路とお家の間にワンクッションできます。

 

1階間取り

 

 

1階は寝室スペースです。

西側の壁を斜めにすることで土地をくまなく使っております。

 

2階間取り

 

 

 

2階に水回りとLDKをもってきております。

建物の中央道路側にバルコニーをもってくることでどの部屋も明るい印象になります。

また、道路との緩衝空間となるためプライベイト性も守られます。

少し細長いリビングスペースは、窓を開け放つことでバルコニーと一体になります。

キッチンはL字で奥に大きめのパントリーを設けております。

バルコニーとも面しているためゴミおきスペースも設けることができます。

 

2ndリビングは家事スペースや、家族の書斎スペースに向いていると思います。

 

家の中で役割がいくつか思い浮かぶ部屋、あまりきっちり用途が決まりきっていない部屋があることは大切だとおもいます。

生活スタイルや家族構成の変化などに対応でき、住みながら使い方を工夫できる場所になります。

ただ、だからといって何もない部屋を作ってしまうと何にも使えない無駄な場所になってしまいかねません。

使い方をイメージしながらも、あまり決めつけすぎないで考えることが大切です。

 

2階にLDKをもってくることにはいくつかメリットがあります。

2階の方が道路からの距離もでき開放的な空間ができます。

また構造としても1階の方が壁が多く必要なので、大きな空間が必要なLDKを2階に持ってくることは合理的です。

ただ生活の中心が地面から離れていってしまうのがデメリットかもしれません。

バリアフリーの観点から敬遠される方も多いように思えます。

 

今回のような市街地では2階リビングもひとつの手だとおもいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

間取りに関してご意見やご感想コメントください。

ご相談ありましたらメールでもうけたまわります。

sf-archi@m.zaq.jp

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:夢のマイホーム計画

| ボツストックス | 14:03 | comments(0) | - |
ヨミモノログ vol3「日本辺境論」

ヨミモノログは気ままに読んだ本をあげていきたいと思います。

vol3は内田樹さんの「日本辺境論」です。

 

 

 

昨年、内田樹さんが教鞭をとられている神戸女学院で内田さんをお見受けすることがありました。

佇まいから何だか地面からすくっと立ち上がっているような名前の通りの人だと一目惚れ見たいな感情になりました。

それから著書も何冊か読むようになったのですがそれの1冊目です。

 

文字自体も容姿と同じくおおらかで悠然としてます。名前から外見、仕事までひとつ通ってるということはとても眩しいことだと思います。頭と心と体とが一緒に動いているように感じます。

 

内容は辺境であるという地理的な条件が、日本人の思想や宗教観などを形作っているというもの。

日本は歴史的にも中華という眩しいしい中心があって、それの辺境として羨望し学んできました。

今日の日本特有の、師弟関係による学び方や不思議な外交の仕方というのは一見合理的ではないように思えます。

しかし辺境というキーワードから見えてくるそれらは理にかなっていて、またこうでなければ出来ないことがある。

とのこと。

 

無自覚に自分にも染み付いている辺境性の気づきがあります。

今の風潮で多い「日本こんなにスバラシイ」の押し付けではなくじわりと日本人いいじゃないかと思える一冊です。

 

 

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

 

 

 

| 読書LOG | 20:16 | comments(0) | - |
<< | 2/9PAGES | >>